【ELM勇気づけ講座案内】 2017年1~3月開催スケジュール/詳細

ELM嫌われる勇気勇気づけの心理学

ELM勇気づけ

 

アドラー心理学の『勇気づけ』で、自分自身を勇気づけ、周りの人を勇気づけるコミュニケーションスキルを学びます。

毎回簡単なワークを通して、体験しながら楽しく進めていきます。

 

本講座の最大の特徴は、『体験学習』だということです。
『体験学習』というのは、講義がほとんどなく、あらかじめ用意されたシートをもとに参加者が体験的に学ぶことで、耳で聴く講座と違い、持続的な効果があります。

 

体験学習の進め方は、リーダーのガイドに従って

『やってみること(DO)』

『振り返ってみること(LOOK)』

『考えてみること(THINK)』

の段階を踏みます。

 

重要なのは『シェアリングとフィードバック』です。
『シェアリング』というのは、気づいたこと・感じたこと・考えたことを参加者同士で話し合ってみることです。
このことによって、共通の問題意識をもっていること、あるいは、1人だけ独特の受け止め方をしていることが確認できます。
『フィードバック』というのは、相手が気づいていない側面、あるいは気づいていながらももう一歩進めないでいる側面について共に学び成長し合う仲間として、あくまで意見として勇気づけながら指摘することです。

 

【構成と流れ】

自分を理解する

対人関係を円滑にする

自分を勇気づける

他者を勇気づける

 

【1日目】

第1章 さまざまな見方、考え方の存在を意識する

ご家族や、職場の人の行動について、『何であんなことするの?私には理解不能!』と思った経験はありませんか?
そうした一見理解不能な行動の背後にある心のカラクリを知り、『困難を克服する活力を与える=勇気づけ』の理論や技法を学んでいきます。

第2章 聴き上手になる

私たちは無意識に人に対して、不快な言動や行動をしていることがあります。
よりよいコミュニケーションの為には、話すことと同じくらい『聴く』ということが重要です。
『聴き方』を体験し、『聴き上手』の対応を学んでいきます。

第3章 言い方を工夫しよう

人とのコミュニケーションにおいて、自分の要求を人に伝えるという行為は避けて通ることができません。
親子間、夫婦間、その他の人間関係において、お互いに気持ち良い言い方について学んでいきます。

 

【2日目】

第 4章 感情と上手につきあう 

エンカレッジサロン愛媛にお越しくださる方のお悩みの中で一番多いのがイライラするということです。
「人間は、あらゆる感情を自分の意思でつくり出している」ことを知り、感情をコントロールする方法を学びます。

第5章 自分のスタイルを明確にする

性格というと変わりにくいというイメージがあるかもしれません。
アドラー心理学では、特有の思考、感情、行動は、教育を受けたり、本人が自覚的な努力をしたりすることで変えることができると考えています。
自分の考え方や物事のとらえ方の特質を知ることによって、自分のスタイルを明確にし、自分自身を勇気づけることを学びます。

第6章 セルフ・トークを意識する

一日に何万回とも言われる『心の中で自分に言い聞かせている言葉』を意識することによって、自分自身を勇気づける具体的な方法と理論を学びます。

 

【3日目】

第7章 目的を意識する

子どもがわざと私をイラっさせる言動(甘え、反抗憎まれ口など)を繰り返し、叱ってもなだめても効果がでない。
人の言動の背後には、必ず「目的」 があることを知り、自他の行動の受け止め方を変えることを学びます。

第8章 自分の人生を引き受ける

周囲の人と比べて劣等感を抱いたり、子どもの頃の経験による思い込みで、自分自身を縛ってしまうことはありませんか?
自分の人生の主役として未来を選択できる、自分の意思を大切にし、決意することの重要性を学びます。

第9章 自分のよさを再発見する

自分のことであれ、他者のことであれ、人間は、良い点よりも悪い点を見つける方が得意です。
『自分自身の良さを再発見する』ことの大切さを学び、自分自身を勇気づけるきっかけを創ります。

 

【4日目】

第10章 あたりまえの価値を再確認する

誰にだって『できて当たり前』ということは、本来1つもなかったはずなのに、それが実生活で受け入れられて自然な週間になると、『当たり前』を見逃し、周囲からの要求が段々エスカレートして、それが『ダメ出し』につながることは珍しくありません。
『当たり前なこと』の中にある『よいところ』をみとめて表現するという習慣を身に着けることを目的としています。

第11章 物事を前向きに考える

同じ出来事に対しても、人それぞれ捉え方は異なります。
実習を通して「物事を前向きに考える」とはどういうことか、どのようにすれば前向きに考えていけるのかを学んでいきます。

第12章 勇気づけをする

『勇気』とは、困難を克服する活力です。
そして、『勇気づけ』とは困難を克服する活力を与えることです。
『勇気』とは自分自身を信頼し、自分自身の可能性を堅く信じることから生まれます。
自分自身、子どもや配偶者、周囲の人々を勇気づける実践法を学びます。

 

2時間半×4日間

託児はございませんが、お子様づれOKです。

 

【開催場所】松山市内(詳細はお申込みの方にお伝えいたします。)

 

【受付中】

第26、27、28期

土曜日コース 1/14、21、28、2/4

水曜日コース 1/18、25、2/1、8

月曜日コース 2/6、13、20、27

いずれもご都合合わない日は、振替が可能です。

 

日程変更の可能性もございます。
お日にちはお問合せをお願いします。

 

※最近プライベートの受講を希望される方が増えております。
プライベートまたスカイプでの受講を希望される方は、コース日程、受講料等別途お問合せお願いいたします。

 

【講師】

熊谷千恵
日本アドラー心理学会正会員
ELM勇気づけトレーナー
SMILEリーダー
子育て支援員

 

小出智子
日本アドラー心理学会正会員
ELM勇気づけトレーナー
SMILEリーダー
認定1級カウンセラー
中学教員免許

 

お問合せ/お申込みは、メール(info@encourage-salon.com)にてお願いいたします。
お名前・受講動機・お電話番号・参加ご希望日/お問合せ内容をお知らせください。
エンカレッジサロン愛媛事務局より折り返しメールまたはお電話にてご連絡いたします。
4~5日過ぎても返信が帰ってこない場合は、何らかの事業で弊社にお申込みが届いていないと思われます。
お手数ですが、エンカレッジサロン愛媛事務局へお電話かメールにて直接ご連絡お願いいたします。

エンカレッジサロン愛媛事務局

info@encourage-salon.com/090-4038-7465